田貫湖・猪之頭のミツバツツジ・河口湖・忍野八海撮影その2(2017/04/23)

富士宮市猪之頭の高野邸庭先に立つ樹齢600年のミツバツツジ。静岡県の天然記念物、国内屈指の大きさを誇る。

田貫湖をあとにした私たちは次の撮影地 精進湖に向かう途中ミツバツツジのことを思い出す。猪之頭公園近くの高野邸に立ち寄ってみると予想通り満開、青空に映えて美しい写真を撮影するとこができました。

霊峰富士を望む、静岡県富士宮市猪之頭の高野邸の庭先に立つ、1985年11月29日に、静岡県の天然記念物に指定された、国内屈指の大きさを誇るミツバツツジ。樹高4.5m 根回り1.7m 枝張り東西6.7m 南北7.3mの、根元で7本に株立ちした推定樹齢600年の古木で、地元では里芋を植える時期を花が知らせてくれることから「イモウエツツジ」とも呼ばれている。富士宮市公認の観光スポットにもなっており、毎年4月中旬になると、扇を広げたように無数の直径4cm位の淡紅紫色の花を咲かせ、高野さんのご厚意により、この時期一般公開も行われる。
~ 富士宮市観光ガイドホームページより ~